訪問診療について

 HOME / 訪問診療について /訪問診療について
 訪問診療について
通院困難な方、または退院して自宅療養を行っている方に対して、医師が定期的にご自宅(居宅)に訪問し、そこで診察を行うのが訪問診療です。

我々の目指す訪問診療は、医療という手段を通じて患者様とそのご家族の生活を支えることです。自宅を病院にすることは目標としていません。あくまでも主役は生活している方々だと考えています。
当院は在宅療養支援診療所の施設基準を満たしており、24時間体制での在宅医療の提供、緊急時対応や入院調整、他の医療(介護)機関との連携や相談などを受け持っています。

また、往診と訪問診療が同じと考えている方が多いですが、往診は患者様の求めに応じて医師が臨時で診療に出向きます。それに対して訪問診療は患者様の状況に応じて計画的かつ定期的に文字通り出向きますが、出向いているとき以外のときでも主治医としていつでも連絡が取れる体制で関わらせていただく契約に基づく診療です。訪問診療を提供している患者様に急な病状変化があったときは必要に応じて往診もいたします。
「寝たきり」「認知症」「末期がん」などの患者様の在宅療養を、定期的で継続的な訪問診療によりサポートすることが当院の役目であると考えています。
訪問診療と往診の違い
訪問診療 往診
医師が患者様の状況に応じて計画的かつ定期的にご自宅(居宅)に訪問し、そこで診察を行います。 訪問診療を提供している患者様に急な病状変化があったとき、患者様の求めに応じて医師が臨時で診療に出向きます。
当院は在宅療養支援診療所の施設基準を満たしております。
24時間体制で在宅医療を提供します。
終末期医療や定期継続訪問診療も可能です。
当院の目指す医療のページへ
  • 訪問診療メリット

  • ok
  • 住み慣れたところで過ごしながら医療が受けられる
  • 家族など身近な親しい人たちと過ごせる
  • その人なりの役割が果たせる
  • 生活時間が自由になる
  • 食事などの融通が利く
  • 定期的且つ計画的訪問により、患者様の日常生活を考慮した上での診療が行える
  • 担当医療機関には24時間対応する体制がある
  • 介助者を伴ってタクシー等による定期通院を必要としない
  • 医療機関や薬局での待ち時間も無く、患者様の肉体的ご負担が軽減される
  • 訪問診療 デメリット

  • dame
  • 医療従事者がそばにいない
  • 異変があったときに「すぐ」の対応ができない
  • バリアフリーでないことが多い
  • 通院よりも料金は高めになる
  • 一般的には介護する家族の負担が増える
  • 大きな病院のような高度医療機器がない